HOME > 遺言・相続

遺言書作成

近年、遺言を書いてなかったために、亡くなった後に残された親族の間でトラブルになることが多くなっています。

もし遺言を書いていなかったら、親族の間で遺産分割協議をする必要が出てきます。
相続財産が多いときには、遺産分割協議がスムーズに進まず、大きなもめごとに発展してしまいます。
そして、遺産分割が決まった後も、親族の間に大きなしこりを残してしまいます。

遺言書を書いておけば、自分が亡くなった後、財産を譲りたい人に譲ることができます。
自分の希望で相続してもらうことができるだけでなく、親族の間のもめごとも防ぐことができます。

遺言書の書き方にはルールがあり、それに則っていなければせっかく書いた遺言が無効になってしまうこともあります。

ゆらこオフィスでは、遺言書作成をサポートいたします。
自筆証書遺言(自分で書く遺言書)もバックアップしますが、できれば安心・確実な公正証書遺言にされることをおすすめします。


~プロのライターがエンディングノート作成もお手伝いします!~

遺言書には何を書いてもOKなわけではありません。

遺言書に書けないことは、エンディングノートという形で残されることをおすすめします
ライターでもあり、カウンセラーでもある女性行政書士が、残された人へ思いが伝わるエンディングノートの書き方をアドバイスいたします。


遺産分割協議書作成

相続手続の際に必要な遺産分割協議書作成をします。

相続手続では、必要書類の収集等が、大変な作業になることがあります。
戸籍謄本の取り寄せ、相続人の確定、財産調査などからお手伝いしますので、お早めにご相談ください。


お申し込み・お問い合わせ

電話または、お問い合わせフォームをご利用ください。
tel
※つながらない場合には時間をおいておかけください。
※お問い合わせフォームご利用の場合は、メールアドレスの記入間違いのないようご確認ください。



ページトップに戻る


inserted by FC2 system