HOME > 遺言・相続

遺言書作成

近年、遺言を書いてなかったために、亡くなった後に残された親族の間でトラブルになることが多くなっています。
もし遺言を書いていなかったら、親族の間で遺産分割協議をする必要が出てきます。
相続財産が多いときには、遺産分割協議がスムーズに進まず、大きなもめごとに発展してしまいます。
そして、遺産分割が決まった後も、親族の間に大きなしこりを残してしまいます。
遺言書を書いておけば、自分が亡くなった後、財産を譲りたい人に譲ることができます。
自分の希望で相続してもらうことができるだけでなく、親族の間のもめごとも防ぐことができます。

遺言書の書き方にはルールがあり、それに則っていなければせっかく書いた遺言が無効になってしまうこともあります。
ゆらこオフィスでは、遺言書作成をサポートいたします。
自筆証書遺言(自分で書く遺言書)もバックアップしますが、できれば安心・確実な公正証書遺言にされることをおすすめします。

<料 金> 公正証書遺言作成サポート 報酬 8万6400円(税込)~

※よほど複雑な案件でない限り、8万円+税で対応させていただきます。
※必要書類取り寄せ等の実費は別途請求させていただきます。
※上記料金には証人2名分の手数料を含みます。


相続手続き

当オフィスでは、相続人調査(戸籍謄本収集)、相続財産調査、遺産分割協議書作成などをお手伝いします。
遺品整理なども可能な限りお手伝いしますので、ご相談ください。

<料金について>
相続手続きをまとめてご依頼いただく場合には、初回にお話をお聞きしたうえで、料金お見積りさせていただきます。
相続財産の中に不動産がある場合には、司法書士と連携して登記手続きも対応いたします。
初回相談は無料ですので、お問い合わせください。


相続人調査(戸籍謄本収集)

相続手続きのためには、必要な戸籍謄本(除籍・原戸籍謄本含む)を集める必要があります。
相続の際には、亡くなった人の出生から死亡までの戸籍のほか、相続人全員との相続関係がわかるすべての戸籍を揃える必要があります。

戸籍制度は何度か改製されたこともあり、1人の人の戸籍でもかなりの数になることがあります。
近くの役所だけで揃うケースは少なく、いくつもの役所に郵送請求しなければならないこともあります。
もちろん、他人の戸籍は簡単に取れませんので、請求する人との関係を証明する資料や、本人確認書類も用意しなければなりません。
自分ですべての戸籍を揃えようとすると、大変な手間になってしまうことがあります。

当オフィスでは、相続手続きのためにあまり費用はかけたくないという方のために、戸籍謄本収集のみの代行もいたします。
なお、戸籍謄本収集をさせていただいた方については、料金内で相続関係図もお付けします。

<料 金>
相続人調査(戸籍謄本取寄せ+相続関係図作成) 報酬 2万1600円(税込)


※相続人の方については、住民票または戸籍附票も取り寄せします。
※役所に支払う手数料(小為替代)、郵送料などの実費は別途請求いたします。
※収集する戸籍・除籍・原戸籍謄本の合計が20通を超える場合には、追加で1万800円(税込)をお支払いいただきます。


お申し込み・お問い合わせ

電話または、お問い合わせフォームをご利用ください。
tel
※つながらない場合には時間をおいておかけください。
※お問い合わせフォームご利用の場合は、メールアドレスの記入間違いのないようご確認ください。



ページトップに戻る


inserted by FC2 system